番外編:哲学の本

1冊目と3冊目に哲学関連の本を読んで以来、更に興味を持つようになりました。 読む本の傾向が偏るのはこの挑戦の趣旨に反するため冊数としてカウントすることは控えていましたが、番外編として記録していくことにします。 2:ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫) 哲学者の本は、できれば古典から古い順に読みたいと思…